2022-05-07から1日間の記事一覧

樋口一葉「軒もる月」

久しぶりに読んで見たら、一葉が恋を諦めた心の流れを見るようで感じ入った。 我が夫は今夜も帰りが遅い、我が子は早く眠ってしまったので、帰ってきたらがっか りするだろう。大通りは月が凍り、霜が立っているのでそれを踏む足はどれだけ冷たい ことだろう…