2022-01-09から1日間の記事一覧

水のうへ

雪は降り積む… 霜月 2日の夜、平田さんが来たが邦子が気を利かせて門口で返した。入れ違いに川上さんが 来た。大方一緒に来たのだが「先に君が行け」などと言って平田さんを先によこし、 私がいないと断られたら「では僕が行ってみよう、僕ならきっといると…