2022-01-10から1日間の記事一覧

水のうへ

冬の花火 正太夫から初めて手紙が来たのは、1月の8日だった。「私は君に縁ある者ではない が、我が文学界のため君に告げたいことが少しある。私のところに来ますか、それとも 手紙にして送りましょうか。私のならわしとして、あなたを訪ねることはしたくあ…